× × 検索

下記に表示されている選択肢からお選びください

HOME > マンガで学ぶ不動産取引 > 購入時 > 『価格交渉の可能性』

マンガで学ぶ不動産取引

『価格交渉の可能性』

不動産購入時には、価格交渉が行われるケースが多いですが、その流れについて、ご説明しています。

やり方を間違えるとまとまるものもまとまりません。上手くいくケースから学びましょう。
  • マンション購入希望の物件について内見をする。
  • 少し割高のため、相場情報を調べ、売主へ価格交渉をする。
  • 売主は引き渡し時期を少し遅らせたい事情があり、その条件を飲む形で再度価格交渉を行う
  • 価格、引き渡し時期について納得の不動産取引ができた

『価格交渉の可能性』

不動産売買仲介営業職出身者による解説
マンションレビュー運営事務局

『価格交渉の可能性』


今回は、価格交渉が上手く進んだケースのお話ですが、下記2点が上手くいった要因かと考えられます。


①相場を事前に調べていて、見当違いな申込をしなかった点。
②値引きの要求だけを突き付けるのではなく、売主の希望もかなえている点。


①については、十倉さんも、前回の反省も踏まえ、相場を事前に把握していたので、妥当な金額の申し込みが出来ました。相場に合っている申込は、多少販売価格との開きがあっても、不動産会社にとって、売主を説得しやすい申込になります。


②については、不動産の交渉だけではなく、どの交渉においても当たり前の話になると思いますが、契約がまとまるためには、売主、買主双方が条件に納得するということが必要になるので、一方的な要求では、契約はまとまりません。
 

特に、不動産の取引の場合は、価格と引き渡しの期日が大きなポイントになりますので、どちらかを要求して、どちらかを妥協するのが、一般的な交渉のやり方になります。


例えば、新しく家を新築中の方や、買い替えで購入先行をしている売主の方にとっては引き渡しの時期の融通が効くことは大きなポイントになります。


もちろん、引き渡し期日はいつでも良いと考えている買主、売主共にいるので、引渡し日を相手に合わせても価格に跳ね返ってくることが無いケースもありますが、「相手が歩み寄ってくれている」という印象を与えることは出来ます。その結果、同じ要求ををしても、交渉の流れが全く変わってきます。
価格交渉も色々なケースがありますが、基本的には、相手の立場に立って、話を進めていくことが必要になります。


※ストーリーはフィクションです。ご了承ください。

マンションレビュー無料会員登録

会員登録するとマンションデータを閲覧できます。

アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 調査方法:インターネット調査 調査期間:2022年1月12日~14日 調査概要:不動産相場・口コミサイト10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代~50代の男女1,005名

マンガで学ぶ不動産取引『価格交渉の可能性』 TOPへ戻る

マンションレビュー公式SNS

物件情報、知っておきたい不動産知識、
お得なキャンペーンなど、
住まいにまつわるあれこれ発信中。

最新ニュース&トピックスキャンペーン
情報更新中!

マンションレビューとは?

顧客満足3冠達成

「マンションレビュー」は、マンション・アパートの物件概要に加えて、過去の「販売価格」や「賃貸価格」、物件の「口コミ」「ランキング」なども閲覧できるマンション情報サイト。

豊富な情報量に加えて、ビッグデータ×AIによる自動査定で、「住んでいるマンション」や「買おうとしているマンション」の現在の適正価格はもちろん、30年後までの将来価格の予測値も確認可能。物件の「資産価値」もデータとしてお伝えすることで、相場に合った適正価格での住みかえをサポートします。

さまざまなデータ提供とあわせて、本サイト上から物件の売却・賃貸の査定依頼や資料請求も可能です。

物件検索 都道府県から探す

会員様の声

会員様の声ページへのリンクバナー・マンションレビューを使ってよかった!画像:屋外で笑顔で歩く家族の写真

マンションレビューにご登録いただいている会員の皆様に、不動産取引をされる際に、マンションレビューを使ってどんな悩みが解決したのか、リアルな声をご回答いただきました。

マンションレビューに会員登録することで得られる情報と、その情報に触れた結果なぜ住みかえが成功したのかを確認することができます。

マンガで学ぶ不動産取引

不動産購入体験記

口コミ新規投稿確認

閲覧可能期間を延長される場合は、以下より新規の口コミをご投稿ください。

無料会員登録するとさらに詳しいコンテンツを閲覧できます